2021年4月19日月曜日

ワクチン予防接種券が届く

 栗東市では高齢者に予防接種券が配布され、4月14日から予約受付するとの連絡があった。

15日にパソコンで申し込みすると4月25日、5月2日、5月9日の分は全て予約完了で

あった。次回は火曜日に受け付けるとのことである。この調子ではワクチンの数量に限りある

ため何時接種できるのか全く不明である。関西地方では依然として感染拡大が続いており、

ワクチン接種が唯一の予防策といえる。一日でも早く全国民に行き渡ることを望むばかり

である。M・N

2021年4月13日火曜日

幾千年の歴史

 

櫻が散り、山々の木々には新緑が芽生える季節。

世の中の動きがどうであろうと季節は確実に移り変わる。

そして、木々たちは確実に樹齢と年輪を重ねる。

最近の仏像に関わるご縁からその木々の凄さを改めて

感じている。千二百年前、樹齢二千年の木で彫られた

仏像は三千二百年前の木の化身。

手を合わさずにはいられない。


北湖狸

2021年4月6日火曜日

春爛漫 梅、桜が満開!!

 3月の末から4月の初めにかけて季節外れの

暖かい日が続き、梅、桜が一挙に満開を迎えた。

例年であれば入学式のころ満開を迎える桜も、

すでに散り始め、入学式まで花が持たない状況だ。

私も花の撮影にあちこちを走り回っている。

奈良 月ケ瀬梅林の梅をはじめに、山科 琵琶湖疎水の

桜、甲賀市土山町にあるウグイ川の桜、更には

奈良 宇陀市の又兵衛桜・・・・。

今回掲載した動画では、月ケ瀬梅林、琵琶湖疎水、

ウグイ川を取り上げた。

是非視聴頂ければ有難い。


Kim

2021年3月29日月曜日

満開の桜の季節

 

コロナ禍の影響で相も変わらず憂鬱な世の中が続いているが、自然界では綺麗な桜満開の季節がやってきた。昨年は外出自粛で日頃歩いている散歩道周辺の桜を見るだけで終わってしまった。今年こそ桜名所を訪れたいと思っているがまだ迷いがある。そんなこともあり人出の少ない時期に守山にある早咲きシュゼンジサクラ並木を3月3日に訪れた。青空をバックに見事に綺麗に咲いていた。今年はこの状況を動画にして早々に花見気分を味わった。

左の写真が守山のシュゼンジサクラです。動画ページでもご覧ください。 M・N



2021年3月25日木曜日

菩提寺山逍遥

  桜の便りがあちこちで聞かれるようになって、いよいよ春本番ですね。

今回は日向山の正面に見えていた菩提寺山に登りました。

 菩提寺山は近江富士として有名な三上山の影になって目立ちにくい山ですが

別名甲西富士とも言われる独立峰です。

 菩提寺山麓を散策すると奈良時代、興福寺の別院として、

この地に少菩提寺が創建され、大変繁栄していた歴史があることが分かり、

石仏や石塔などが多数残されていました。

1時間ほどで登れる里山で眺望もよく、充実したひと時を

過ごすことができました。  (ふ)

2021年3月22日月曜日

うつら うつら・・・

 

 

  寒かった冬も去り、散歩道の草木も芽吹きのびのび生き生きとしてきました。

 朝目覚めても「うつらうつら・・・」です。鶯の囀りも聞こえ心地良く、蒲団の中で「うつらうつら・・・」です。辺りの桜並木の蕾も膨らみ日差しは柔らかく、5000歩も歩けば汗ばんできます。夕方、大相撲を観戦しながら春炬燵に足を入れて「うつらうつら・・・」です。

 朝も昼も夜もなくこの季節「春眠」ですね。シニアのふたり暮らしなればこその光景です。

     


                                                               (mayo)

2021年3月16日火曜日

最後の更新日でした。

「びわこシニアネット」更新ボランティアを本日で卒業させていただきます。

このボランティアアは60歳半ばを超えた人生後半、レイカディア大学で2年間学んだことがきっかけで始まりました。当時、新しい分野を学ぶことはとても新鮮で何もかもが興味深く、あれこれ吸収したい気持ちを熱く感じておりました。大学2年後半にホームページ講座を受講できるチャンスに恵まれましてベテランの先輩諸氏からご指導を受けました。

失敗することもありましたがとても楽しく作業させていただきました。意欲をもってパソコンと向き合ったことを懐かしく思い起こしています。今日まで当番の日を無事にクリアできたことは皆様のおかげといっても過言ではございません。

今後は外から「びわこシニアネット」を拝見し「情報記事や花の写真、動画」等などで頭の回転をよくして応援しております。レシピの提供を頂いた「幻のシェフレシピ124品」の料理集から一品、一品チャレンジして健康を維持させたいものと考えております。

皆様、長い間お世話になりました。有難うございました。 mirumama